(キヤノン) Canon EOS 6D ファームウエア Version 1.1.6について(2014年12月16日公開)

トピックス

(キヤノン) Canon EOS 6D ファームウエア Version 1.1.6について(2014年12月16日公開)



ファームウェアー情報
EOS 6D ファームウエア Version 1.1.6について(2014年12月16日公開)

変更内容

AIサーボAFで「AFフレーム選択」が「自動選択」のとき、初めに中央のAFフレームで被写体をとらえないことがある現象を修正しました。
付属ソフトウエアの EOS Utility を使用したリモートライブビュー撮影で手動ピント合わせを行う際、特定レンズでフォーカスの微調整ができない現象を修正しました。

今回ご案内のファームウエア Version 1.1.6 の対象製品は、Version 1.1.4 以前のファームウエアを搭載したカメラが対象となります。カメラのファームウエアがすでに Version 1.1.6 の場合には、ファームウエアの変更を行う必要はありません。
ご注意

ファームウエア Version 1.1.3 以前のカメラを Version 1.1.6 にアップデートする場合、MENU画面からカメラのファームウエアアップデートを選択すると、カスタム機能 (C. Fn II - 9) 「AFマイクロアジャストメント」の “1:全レンズ一律調整” の設定が解除されます。
カスタム機能を設定している方は、ファームウエアアップデート後に再設定してください。

ファームウエアの変更を行う際には、このページを最後までよくお読みになってからダウンロードサービスをご利用ください。
ご注意
ファームウエア Version 1.3.3 にアップデートした EOS 5D Mark III は、旧ファームウエア(Version 1.0.7 〜1.2.3)にファームダウンすることはできません。

詳しくはメーカーHP
http://cweb.canon.jp/drv-upd/eosd/eos6d-firm.html
をご覧下さい。