(キヤノン) Canon EOS 7D Mark II ファームウエア Version 1.0.5について(2015年9月9日公開)

トピックス

(キヤノン) Canon EOS 7D Mark II ファームウエア Version 1.0.5について(2015年9月9日公開)



ファームウェアー情報
EOS 7D Mark II ファームウエア Version 1.0.5について(2015年9月9日公開)

変更内容

EF16-35mm F2.8L USM または EF-S17-55mm F2.8 IS USM レンズとの組み合せで使用した際の、AF精度を改善しました。※
レンズ光学補正メニューの「周辺光量補正」を「する」に設定して撮影した際に、ごくまれに1枚毎に補正効果が得られないことがある現象を修正しました。
EFレンズのファームウエアアップデートを行った際、アップデートが終了しても液晶モニターの表示が100%で止まったままになることがある現象を修正しました。
GPS機能の「画像への位置情報付加機能」と「ログデータの記録機能」のうるう秒に対する処理の不具合により位置情報がごくまれにずれることがある現象を修正しました。
ごくまれに、撮影時に発生する"Err 70"、またはシャッターが切れなくなる現象を修正しました。

※上記レンズとの組み合せにおいて、AFマイクロアジャストメント機能でピント合焦位置を調整している場合には、調整内容を解除して、再度ピント合焦位置の確認、または調整を行ってください。

今回ご案内のファームウエア Version 1.0.5 の対象製品は、Version 1.0.4 以前のファームウエアを搭載したカメラが対象となります。カメラのファームウエアがすでに Version 1.0.5 の場合には、ファームウエアの変更を行う必要はありません。

ファームウエアの変更を行う際には、このページを最後までよくお読みになってからダウンロードサービスをご利用ください。

詳しくはメーカーHP
http://cweb.canon.jp/drv-upd/eosd/eos7dmark2-firm.html
をご覧下さい。